ライティング業務って何?

最近良く聞く言葉の中にライティング業務というものがありますが、これって何という方もいらっしゃることだと思いますし、それでどうやって稼ぐのか気になる方もいらっしゃることでしょう。

まずはライティングですが、Writingと書きまして、直訳すると「書くこと、執筆、文筆業」といった意味合いがあります。

そうですライティング業務とは正に執筆することを言いまして、あるテーマに沿って指定の文字数やキーワードを入れて記事を書くことで報酬を得るということなんです。

作家さんと同じ文筆業です、やっていることは。しかしながらここで扱うライティング業務は決して難しいものではありませんし、誰にでも出来る上に、お小遣い稼ぎを超える大きな稼ぎとなる可能性も秘めていますので、ぜひとも始めてみてほしいと思うネットで出来るアルバイト的な小遣い稼ぎです。

ライティング業務がネットアルバイトと呼ばれる意味

ライティング業務は、ネットアルバイトとも言われています。

なぜそのように言われているかと言えば、在宅でネットで稼ぐ方法の中で最も一般的な仕事に近いものと言われているからでして、例えばライティング業務は記事作成がメインの業務ではありますが、名刺入力などのデータ入力等もありますし、いわゆる指定された条件に当てはまる文章を作成することもあります。

正に会社での事務的な業務と言っても良いのでそのように言われているということです。(もちろん実際に事務をされている方にとってはそんな単純なものではないとは思いますが)

ライティング業務は企業も個人も両方にメリットがあります

ライティング業務であったりデータ入力であるというような作業というものは正直言って企業としてはめんどくさいからあまりやりたくないといったところが実情です。

パートさんやアルバイトを雇って作業してもらうことも良いですが、そのデータ入力などの仕事がずっとあるわけでなく、単発であった場合にはやはりアルバイト社員を募集しても短期過ぎると来ないということもあります。

そんな場合には外注するのが一番手っ取り早いというわけなんですよね。

出来高制で報酬を与えることでリスクも低減出来ますので企業にとっても非常に良いシステムだというわけです。

そして在宅で稼ごうとしているものにとっては、自分のペースで実施できるので時間に捉われないというメリットの上に報酬が貰えますので、子供さんがいて働けない主婦の方が数時間だけでも利用することでお小遣い稼ぎが可能になるので人気の高い業務というわけです。

さらにそういった主婦の方や、現在は事情があって働けない方にとってもいずれ社会復帰して仕事を行う際までに、パソコン作業や文章を書くというような、スキルアップも望めるというわけです。

企業は面倒な作業を外注で行うことが出来る、仕事をする個人は時間にとらわれず自分のペースで出来る上に小遣い稼ぎとスキルアップが出来るという、双方にとってメリットがある作業、それこそがライティング業務というわけです。

ライティング業務の具体的な方法について

ライティング業務といっても自分の好きなことを羅列すればよいというわけではありません。

文章に対してキーワードがいくつ以上、文字数が最低何文字以上というような条件がありますのでそれに従って記事を書いていく必要があります。

つまりその依頼者にとって有用な記事を書く必要があります、誤字脱字は当然ながらNGですし、顔文字等は一切禁止「です、ます調」での記事作成が基本であると思っていてください。また、基本的には会社名や個人名などの固有名詞も不可と思っていた方がよいですね。

在宅であれどあくまでも仕事であるという感覚を忘れずに実施することが重要です。下記では一般的なライティング業務を並べてみましたが、これ以外にもサイト独自のコンテンツがある場合もあります。

○コラム風記事

コラム風の記事作成は個人的な分析や意見を述べていくもので、自分の主張を入れた自分の言葉で表現していくことで読む人に良い印象を与えることが重要です。読む人の気持ちになって書くことがポイントと言えるでしょう。

○ブログ風記事

ブログ風記事は唯一「です、ます調」でなくても許される記事作成です。普段から使い慣れた言葉をそのまま掲載すればよいですし、親しみやすさがこの記事の特徴といえるでしょう。

○レビュー体験談風記事

体験談風の記事作成は自分が利用した感想を述べるものですので、主義主張をしっかりとしてそれについて述べていくというものです。

未だ利用したことのないこれから利用しようとしている人への疑問が解決できるような記事を考えて書くことがベストであると言えます。

○説明調の記事

どこのサイトでも最も多いカテゴリである説明調の記事は、体験談やコラム風記事とは違って、一般的な特徴やメリットなどを客観的に記載することが最も重要です。

この説明調の記事作成でNGワードとなるのは、「思います」という言葉です。書き手の主観は必要ありませんので、「です。なのです。」と言った語尾になるように記事を作成することが重要です。

そうすることで説明的にすることが可能となりますのでね。

ライティング業務の記事作成は例えばこのような形で行われます

ここまで説明してきましたがやはり未だピンとこない方も多いでしょうし、どんなものかもよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

あくまでも例ではありますが、下記に示してみますのでなんとなく雰囲気だけでも感じてもらえればと思います。

ライティング記事例

「テーマ」 "体験談"お小遣い稼ぎをしようと思ったきっかけ

☆タイトル☆

お小遣い稼ぎを実施するならポイントサイトを利用

必須キーワード:お小遣い稼ぎ(1回)
タイトル文字数:10~25文字以内

☆本文☆

私がネットで稼いでみたいと思ったのは、ネットでお小遣い稼ぎ.comというサイトを見て、これであれば自分でも出来ると思ったからです。

ポイントサイトでの案件の利用は時間が無くても稼げますので、ネットショッピングの際に利用するだけでお小遣いが稼げることが分かりました。

また、ポイント全額キャッシュバック案件を利用すれば実質無料で商品を購入することが出来る上に、商品を利用することも可能ですのでこれは利用しない手はないと考えたので、まずは始めてみた次第です。

とにかくまずは現在の生活にポイントサイトを利用することを加えることで、新たに何かをするわけではなく、お得にお小遣いを稼げることが分かりましたので利用しやすいと考えました。

自分にも出来ると思えるサイトに出会えたことがお小遣い稼ぎを実施するきっかけです。

必須キーワード:ポイントサイト(1~3回)ネットでお小遣い稼ぎ.com(1回)
本文文字数:300文字以上

まとめ|ライティング業務の例について

あくまでも例として挙げてみましたが大体このような感じです。

タイトルは必須キーワードを1回入れて24文字で収まりましたし、本文の方はキーワードであるポイントサイトが2回、ネットでお小遣い稼ぎ.comが1回入れることも出来て、文字数は最終的に342文字とクリアしています。

サイトにもよりますが、大体これぐらいの案件で50円~200円程度の報酬があります。

注意点としましてはキーワードが多すぎても駄目ですのでご注意頂きたいと思います。文章自体はこれだけの文字数で300字を超えるのでそんなに難しくはないかと思いますし、もちろんライティング系サイトには文字数カウンターも設置してありますので問題ないと思います。キーワードとは違って本文に関しては長い分には問題ありませんが、長くなりすぎると損した気分になるのでご注意ください。

ちなみにこの例文を自分で書きながら若干こそばくなりました。

こちらの例はREPO(ルポ)風のライター記事を参考に作成しました。ルポはライター案件の量がかなり多く、換金実績1億円以上を誇るライティング系サイトです。

関連情報

サブコンテンツ


このページの先頭へ

inserted by FC2 system