本当に換金出来ますか?またそのタイミングは?

換金出来ます。少なくとも当サイトで扱うサイトに関しては。

ポイントサイトを初めて利用するときにはどうしても気になることでしょう、いくらポイント=現金と同じ価値があると思っていてもそれを換金できなければただのポイントですからね。

ですがご安心ください、当サイトで紹介しているポイントサイトは実際に交換出来たものばかりですから、問題なく換金出来るサイトばかりです。

仮に交換出来なかったという情報を見たとすれば、それは最低交換額まで達する前に利用を辞めてしまった人や、もともと最低交換額が高すぎるサイトを利用していたかのどちらかでしょう。

特に安全なポイントサイトの見分け方でも伝えている通り最低交換額が高すぎるサイトというのは初めから交換させる気がないサイトですから利用しないようにしましょう。当サイトではそのようなサイトを扱っておりませんが。

また、最低交換額まで利用せずに辞めてしまった人は広告利用をしなくても稼げると思っていたような人であり、本来の利用方法を知らないままに交換出来なかったという事実だけを発信している方ということです。

ポイントサイトは300円程度から交換出来るサイトが多いのでそのようなサイトを利用することで確実に換金することが出来ますし、ポイントサイト側としては換金出来ないような事実を作ってしまうとユーザーが離れてしまうことになり結局自分の首を絞めることになりますからポイントサイト側で交換ストップするといったことはないでしょう。

交換額に達したらすぐにポイント交換するようにしましょう

ポイントサイトを利用していて気になることと言えばいつポイントを交換すべきかということですが、極力ポイントとして持っておかないことが大事です。

これはリスク管理の一環としてですね。いくら安全なポイントサイトであっても大企業でも倒産する時代ですから最低限のリスク管理は必要ということです。

つまり、ポイントの交換手数料がもったいなくていつまでもポイントのまま保有していると、もし仮にサイトが閉鎖になってしまった場合には持っているポイントがその瞬間ただのポイントになってしまいます。

ポイントは最低換金額に達した時点でどんどん交換するようにしてください。交換手数料をケチった挙句、そのポイントの価値が無くなってしまうと元も子もありませんのでね。

げん玉ゲットマネーハピタスなどは交換手数料も無料ですから特に初めて利用するには良いサイトでしょう。ポイントのまま持っておく必要性はありませんので交換可能額まで達すればすぐに交換するようにしましょう。

まとめ

ポイントサイトでは換金出来るかなど、まず不安になった場合にはポイントサイト側の立場になって考えてみるのが良いでしょう。

ポイントサイトはユーザーが利用しない限り売上を上げることが出来ませんので、ユーザーに不利益を被ることを行えば一気にユーザーが離れてしまい、自分たちの首を絞めることにもなります。

特に最近はSNSなどの普及もあり悪いウワサは一気に拡散しますので、換金出来なかった等の状態になることはサイトの存続にかかわるといっても過言ではありません。

とはいえ、先行きが不透明な昨今ですから、最低限のリスク管理は必要になります

  • 最低交換額に達すればすぐに交換する
  • 交換手数料をケチらない
  • 最低交換額の高いサイトを利用しない

これを実施していることで何かあった場合にでもそのキズを最低限にとどめることが出来ます。

ポイントサイトだけでなく最低限のリスク管理はネット利用をするには必須であると認識しておくことが大事です。

関連情報

サブコンテンツ


このページの先頭へ

inserted by FC2 system