ポイントサイトって安全なのでしょうか

安全です。しかし危険なサイトがあることも事実です。

ポイントサイトは安全に利用することが出来ますが、何を持って安全なのかはその人によって違うということもあります。

例えば運営会社が大きいからと安心できる人もいればそうでない人もいることでしょうし、換金できることがその指標とする人もいることでしょう。

個人情報という面が気になるのであれば、ポイントサイトごとに個人情報保護方針を定めておりますので確認しておくと良いでしょう。

いずれにしても管理人は3年以上ポイントサイトを利用していますが、危険だと思ったことはありません。

しかしながら危険なサイトが存在していることも事実ですし、大手の会社でも倒産する可能性が無いとは言い切れませんので、ある程度自分の中での予防線を貼っておくことは重要であると考えています。

当サイト管理人が考える危険なサイトの見分け方は下記の3点です。

  1. 換金額が高すぎないか
  2. 運営者情報が明記してあるか
  3. 無料で登録が可能であるか

換金額が高すぎるサイトは危険

換金額が高すぎるというのは仮にいくら高還元の広告が掲載されていても、ゲームコンテンツなどで稼ぎやすいとしても、換金すること自体のハードルが高いサイトは危険と考えています。管理人は5000円程度を目安にしています。

ポイントサイトではお小遣い稼ぎを目的としていますので、換金自体が実施できなければそれはただのポイントです。もしかしたら初めから換金させる気がないのかあるいはその額に達したとしても換金できるか怪しく感じますのでね。

以前本当にあったサイトで登録するだけで5000円分のポイントがもらえるのですが、最低換金可能額が1万円であったサイトがありました。私は危険な香りがプンプンでしたので利用しませんでしたが、いつの間にかなくなっていました。おそらく計画的ではないかと考えています。

高くても3000円程度までの換金額のところを利用するようにしましょう。

運営者情報が明記して無いサイトは危険

ポイントサイトは何かあった場合に問い合わせをすることもありますが、その際に問い合わせ先が明記されていなければどこに連絡すれば良いかもわかりません。

会社の規模ではなく、運営者情報が明記してあるところを選んで、問い合わせをする窓口があるサイトを利用しましょう。

問い合わせする機会はめったにありませんが、利用した広告のポイント付与がされない場合など予期せぬ事態が発生することもありますし、運営者情報を明記していないサイトは計画的にサイト閉鎖を考えている悪質な事もあり得ますので。

最初に費用が発生するサイトは危険

ポイントサイトは無料で利用できるのが当然であり、どんな理由があれ最初に費用が発生することはありません。

お小遣い稼ぎをするのに最初にお金がかかるとかあり得ませんので絶対に有料のサイトはやめておきましょう。

まとめ

当サイトが考える安全というのはプライバシーマークがあるとか、ポイント評議会に参加しているサイトであるとかそういったことではありません。

あくまでも無料で利用出来てしっかりと換金できるサイトであるかどうかです。

もちろん当サイトで扱うサイトはすべて無料で換金した実績もあるものばかりですので安全と言えます。

しかし最低限の防衛策としては換金額に達したらとにかくすぐに換金することを心がけています。大手であってもいつ倒産するか分からない世の中ですからポイントの状態で持っておくことを控えることで最低限の自己防衛をしておきましょう。

関連情報

サブコンテンツ


このページの先頭へ

inserted by FC2 system