第2回 「相互リンクはどうやらもう時代遅れなのかもしれません」

数年前まではアクセスアップの手段といえば相互リンクである、あるいはアクセスアップの最も近道は相互リンクであるという風に言われておりました。

しかし近年では相互リンク自体があまり効果が無いのではないかと、相互リンクをするのであれば関連性のあるサイトでなければスパムの扱いを受ける等々いろいろといわれて来ていたんですよね。

ここ最近では検索サイト自体がGoogleのみとなり(独断場ということです)Googleさん次第でSEOは変わると言っても過言ではありません。

そんな中先日相互リンクのページを更新する必要に迫られまして、更新致しました。

そうは言ってもまだまだ相互リンク自体がスパム扱いされることもないと思っておりました。

Googleのウェブマスターツールに「手動による対策」というコンテンツが作成されたのが数か月前なんですけれども、こちらにも常に「手動によるウェブスパム対策は無い」と表示されておりましたし、特にメッセージもなかったので大丈夫だろうと思っていました。

ただ本日ウェブマスターツールのヘルプを確認していたところ、気になる部分を見てしまいました。

相互リンクが人工的なリンクと認識されてスパム扱いとされるかも

「品質に関するガイドライン-具体的なガイドライン-として、次のような手法を使用しないようにします」 という中に、リンクプログラムに参加することというのがありました。

これはGoogleが嫌う人工的なリンクの事を指しますので、いわゆるリンクの売買や自分で作成した内容の無いコンテンツからの自演リンクといった検索ランキングの操作を狙った悪質なリンクの事なんですね。

こういった内容の無いサイトからのリンクはペンギンアップデートというGoogleのアルゴリズムにより、ペナルティとなりますので以前は人工的なリンクで順位の操作が可能でしたが現在ではそういったサイトは淘汰されるようになっています。

相互リンク自体はまだこの人工的なリンクとはされていないと思っていましたが、あくまで過剰なリンク交換のみが駄目だとされていましたのでね。

しかしなんとなく気になりましたので確認してみたところ、これまた気になる事が書いてあったんですね。

「検索結果でのサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンク プログラムの例」としていろいろと記載されておりましたが、最も興味を引いたものがあったんです。

管理人が気になった点、それは。

過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること

これって相互リンクの事をさしているんですよね。間違いなく。

以前は過剰なリンク交換に関してはスパムという扱いを受けていたのですが、この文言を見ると、相互リンク集自体もスパムとして扱われるということになります。

当サイトの相互リンク集も撤去すべきなのかどうかは正直まだ分かりません、先に述べましたが、Googleのウェブマスターツールには「手動によるウェブスパム対策はありません」と表示されていますので、もうしばらく様子を見たいと思っています。

どんな形であれ、縁があっての相互リンクをさせて頂いておりますし、当サイトからもお願いしたものもありますし、ご依頼を受けたものもあります。

もちろん定期的にも訪問しておりますし、素晴らしいサイトばかりなんですね。

もし本当に相互リンク集自体がスパムであるのであれば撤去も考えないとダメなんですよね。

相互リンク集自体がダメだということであればページを残しつつ出来る方法もありますので、そういう風にするべきなのかなと思っています。

それよりもこのGoogleの決定によるところを考えてみますと、どんな形であれ良質なリンクをたくさん受けることが良しとしていたものから変わってきているのかなと思います。

良質な被リンクではない何か新しい重要なアルゴリズムが検索順位に影響するようになっているということなんでしょう。

いろいろとウェブマスターツールにも書いてありますが、どれが重要な部分なのかははっきり言ってわかりません。

おそらくGoogleさんのみが知るということでしょう。やはりソーシャルメディアの活用ということでしょうかね。あくまでも推測ですし、ソーシャルメディアをどう検索アルゴリズムに影響させるかといえば見当が付きませんけれどもね。

まとめ

いずれにしても下手な小細工でのSEO対策ではなく、良質なコンテンツを発信し続けることが、ユーザーにとっては良いと思いますし、ユーザーにとって良質なものこそを検索結果の上位にすることがGoogleの目的であると思います。

Googleにとって良質なものはユーザーを満足させることが出来る検索結果を返すことですから、被リンクにのみ頼ったランキングでは意図的に操作して作り上げたサイトが上位に来ることが有るために被リンク以外の要素を強くしてきているということになります。

ですから、コツコツと良質なコンテンツを増やしていくことが最も重要なことなのではないかなと思いますので、良いものを常に発信し続けれるようにこれからも頑張っていきたいと考えています、ご清聴ありがとうございました。

またいつGoogleのアルゴリズムの変更があるかわからないので作成した日を記しておきます。

記事作成日 2013年10月31日
記事更新日 2015年02月07日

即実践! SEO対策 [ 藤沢竜志 ]

関連情報

サブコンテンツ


このページの先頭へ

inserted by FC2 system